6次産業化
新しい加工技術
海外事業展開
太陽光発電
新しいコンセプトのお店

郊外型大型農産地直売所「食の駅」、及び地産での集出荷体制を再構築し、地産と大都市をつなぐ配送システムを確立。都心立地型農産物直売所「地産マルシェ」の開設により、国内農産物の消費拡大に貢献する。また、自社観光農場の設立により、生産・供給の安定化と食育啓蒙活動を行う。

農業の六次産業化

一貫した体制づくりによる農業への支援

『第六次産業』とは農業等の第一次産業に携わる生産者が、加工(第二次産業)、販売(第三次産業)まで一貫して管理し、中間マージンの削減や、つくり手自らの”やりがいづくり”に注力することを指しています。

『第六次産業』という言葉自体は、第一次産業の活性化を目的とした造語ではありますが、今や一般的な用語になりつつあります。ファームドゥの企業理念「農業を支援し農家の所得向上に貢献する」は、まさにこの展開と合致しており、私たちの進むべき道であると考えています。

これまでファームドゥでは、農業資材や農産物の販売(小売業・第三次産業)を主体として参りましたが、関連会社農業生産法人『ファームクラブ』でのいちご栽培やヤギの飼育(第一次産業)、ファームレストランあいberryやファームキッチンでの惣菜やスウィーツ作り(第二次産業)など、農業に関連する事業として、生産・加工・販売をトータルで展開して参ります。