6次産業化
新しい加工技術
海外事業展開
太陽光発電
新しいコンセプトのお店
新しいコンセプトのお店

創業以来培ってきたノウハウを活かし、さらなる農業支援の場を拡大するため、首都圏での出店を強化しています。農産物の産地と消費地を繋ぐファームドゥ独自の流通・直販システムを構築し、首都圏の生活者の皆様に顔の見える新鮮な野菜をお届けすることに取り組んでおります。

農産物直売所『地産マルシェ』をドミナント出店しながら、2010年には関越自動車道「三芳パーキングエリア」への『食の駅パサール三芳店』をはじめ、2013年には横浜市に開発されたショッピングエリア『あざみ野ガーデンズ』や横浜市営地下鉄センター南駅前の『サウスウッド』、つくばエクスプレス八潮駅南口の『BiVi八潮』、東京都日出町の『イオンモール日の出』、更に足立区京成本線千住大橋駅前の『ポンテポルタ千住』にインショップとして出店するなど、都市型店舗を積極的に出店しております。
尚、『ポンテポルタ千住』の屋上では、都市型屋上菜園『ファームドゥガーデンズ』を開設し、レンタル菜園(貸農園)の事業も新たにスタートしました。

農業を支援し、農家の所得向上に貢献する
関越自動車道にある三芳PA(上り線)にインショップとして『食の駅』が初出店。観光で都内へアクセスする際のほっと一息、ビジネスでの手土産品はもちろん、ドア・トゥー・ドアでとっても便利。埼玉産や群馬産の新鮮な野菜はもちろん、こだわりの特産品、手づくり加工品やお土産品も品数豊富に取り揃えております。
食の駅パサール三芳店
あざみ野ガーデンズ店

生活雑貨、飲食店など16店舗からなる商業エリアに加え、敷地内にはゴルフやテニス、フットサル等のスポーツエリアを併設する『あざみ野ガーデンズ』内、『あざみ野マルシェ』へインショップとして出店。旬の野菜や地元生産者の採れたて野菜等、独自の物流ネットワークを活かして新鮮で安全な野菜をお届けしています。また、お肉の専門店「横浜野本」、鮮魚専門店「魚力」、お総菜とお弁当の「知久屋」等、おいしさと安心・安全を兼ね備えたこだわりのショップが集結しています。

食の駅パサール三芳店