今「六次産業」が新しい

六次産業とは

第一次産業である農業が、農産物の生産だけにとどまらず、それを原材料とした加工食品の製造、そして流通・販売サービスと、第二次産業および第三次産業を融合し、川上から川下まで一貫してカバーすること。これが六次産業化です。第一次産業の1と第二次産業の2、第三次産業の3を足して、6になることから生まれた造語と言われますが、基本は農業の活性化推進です。

私たち「ファームドゥ」の企業理念もここにあります。足し算によって、加工賃や流通マージンなどの付加価値対価を農業者自身が得ることに加え、各産業を有機的・総合的にリンクさせ、いかに営農を支援しかつ地域社会のお役に立てるか。こうした視点から生まれたのが、農業のブランド化、消費者への直接販売、レストラン・フードコートの展開でした。

六次産業化・・・言葉には何やら装置産業的響きがありますが、その本質や起動力はソフトウェア。まだまだ多くの可能性を秘めています。農業の六次産業化は、私たちの「食」を豊かに、そして確かなものにしていくニュービジネスと言えます。