「食」と「未来」を考える

私たち「ファームドゥ」は生産者と消費者の双方に近いスタンスにあるので、両者をスムーズにつなぐことができます。基本理念は「地産地消の推進」。いのちの源「食」の次元から「農」と「地域」を結び、健全な社会の維持に貢献したいからです。同時に自然環境や豊かな大地を未来に残す努力も必要だと考えています。

こうした視点で、消費者のニーズから生産者と共に創り上げたのが、オリジナルブランドの「ミネラル野菜」です。健康な土作りから取り組み、消費者の新鮮・安心・安全な食への要望に応えています。また「ファームドゥ」の農家が育てた米で、自社ブランドの「金芽米」を商品化しました。「ファームクラブ」で育苗した水稲苗を地元生産者が栽培、「ファームドゥ」が買い取って精米し、「食の駅」と「地産マルシェ」で販売するものです。

もうひとつは野菜のソフトスチーム加工です。早稲田大学で開発された技術で、素材ごとに適温蒸気によって旨みを引き出し、旬の野菜を美味しいまま密閉するもの。少量パックの利便性は、核家族化・高齢化時代のニーズを先取りするものとも言えるでしょう。

多くの農産物直売所では、周辺農家が生産物を直接売場に持ち込み、新鮮なまま提供。流通経路の短縮により、生産者・消費者の双方にメリットを提供しています。現在「ファームドゥ」では群馬県内に11店舗ほか、埼玉・東京・神奈川・千葉・山形と多店舗展開。巡回集荷システムを構築し、中山間部の農産物を都市部にもスピーディーに配送しています。私たちは点と点を密につなげ、あるべき姿の社会環境づくりを広げていきたいと考えます。