6次産業化
新しい加工技術
海外事業展開
太陽光発電
新しいコンセプトのお店
新しく設立したファームランドは、「太陽光」を活用した再生可能エネルギー事業会社です。主に群馬県内にソーラーパネルを約100ヶ所計画、設置し、太陽光から自然エネルギーを「生産」して、電力会社が電力を加工し、消費者の皆さまへ「販売」します。生まれた成果は、地元農業の為に還元し、農業の未来のために投資して参ります。
図
太陽光発電で地域貢献

国の政策で推進される再生可能エネルギーは、環境的にも、経済的にも優れた次世代のエネルギーとして国民からも広く支持を得ています。設備コストが高いのが難点ですが、当社では世界一の性能を有するパネルとパワコンを採用し、安定した高出力の発電力を保持すると共に、規模のメリットでコストを抑える事に成功しています。 当社では、平成25年3月から群馬県内の食の駅3店舗の屋根で発電を開始しました。平成26年3月は更に群馬県渋川市や高崎市等10ヵ所の発電所が順次稼働し、それぞれが順調に発電しています。

図

当社では、この発電事業にて得られた成果を、これまでファームドゥの発展に貢献した方々をはじめ、従業員、地域の行政にも還元していきたいと考えています。

箕郷町上芝発電所

土地面積23,000㎡と、当社の太陽光事業の中で一番大きな発電所です。

箕郷町矢原発電所

群馬県内で初めてソーラーシェアリング(=太陽光パネルの下で農業を行う事)許可を頂いた発電所です。ここでは、太陽光パネルの下でフキを栽培し、耕作放棄地を再生して参ります。